債務整理しなければ今頃どうなっていたことやら

数年前、僕は借金で苦しんでいました。最初は軽い気持ちでした借金。気付けば借金を返すための借金をしているような状態になりました。自転車操業のようなことが続き、結果的に減っているのは利息分くらいで、元金がなかなか減りません。こんな生活がずっと続くのかと思って、すべてが嫌になりかけてた頃でした。インターネット上の広告で、債務整理という言葉を見かけたのです。

離婚による財産分与

債務整理は、弁護士を通じて借金の返済プランを立て、今後の支払いを明確なものにできるというものでした。これからの利息がなくなり、借りたお金に対して月々の返済をしていく形になるので、これ以上借金がかさむこともなく、かといって自己破産をする必要もないというもの。もちろんノーリスクというわけではないんですが、自己破産ほど重い制限があるわけでもないですし、今の現状を打破するためなら十分ありだと思い、弁護士にお願いしました。もちろん弁護士に払うお金が発生するわけですが、いつ返し終わるかわからない借金の利息を延々と払い続けるより数倍マシです。弁護士費用も分割にしてもらって、毎月の返済額を3万円で固定。これまで何社にも払い回していたお金が一回の返済で済みますし、管理もしやすくなりました。

債務整理 郡山

今もまだ債務整理中で、あと1年ほど支払いが残っています。とはいえ、あの頃に比べたら数段楽ですし、あと1年で返済が終わるというところまできているわけです。毎月の生活もちゃんとできたうえで借金の返済ができ、無駄な利息も取られていません。

自己破産・個人再生 - その他生活ブログ村

あの時債務整理を知り、そしてそれを実行していなかったら、今頃どうなっていたかわかりません。あの時債務整理をして、本当によかったです。