どうやら先輩がヘッドハンティングされてる

私は一昨年に大学を卒業し、地元の静岡県で地域密着型の企業に入社しました。私は高校生のころから、自分の生まれ育った土地で働きたいという思いが強かったため、入社した会社の「地域の特産品などを取扱い、お土産物として販売する」というスタイルがとても気に入っています。
おそらくこの先、結婚・出産などで産休を取らなくてはならなくなることもあるとは思いますが、私としては可能な限りこの会社で勤めていきたいなと考えています。

労働時間の適正把握 | 熊本労働局

さて、私個人としては先に述べたような形で会社に関わっていきたいと考えていますが、どうやら私の先輩は、少し考えが違うようです。
その先輩は、私が入社した時に「教育係」として色々と手ほどきして下さった方で、まだ失敗ばかりだった私に対しても、明るく誠実に接してくれた人です。上司からの信頼も厚く、まだ20台だというのに今年は売り場責任者に抜擢されるほど優秀な人材です。


だからなのでしょうか、先輩はどうやら、どこかの企業からのヘッドハンティングを受けていて、それに乗り気になっている様子なのです。先日、休憩時間中に「私だけに」ということで、こっそりと教えてくれました。何でも、ヘッドハント先の企業に提示されているのは、新規出店の際に現場の総指揮補佐を行い、顧客の開拓を行う業務内容とのことで、お給料は今よりも1.7倍くらいになるのだとか。

http://www.jinji.go.jp/toukei/0311_minkankyuuyo/minkankyuuyo.htm

個人的には今の会社にずっと居たいと思っていましたが、やはりこういった考えは人それなのだなということが実感できた私なのでした。