一日に2〜3時間は太陽を浴びなきゃだめ

現在、私の19歳になる一人娘は、世間様一般で言うところの、いわゆる「ひきこもり」の状態になってしまっています。高校はなんとか先様のご厚意で卒業することができましたが、今はまったく外出せず、自分の部屋に引きこもってはネットゲームをやり続ける毎日を過ごしています。

エコ・エネルギー関連機器,| ガソリン計量機など、タツノの製品ラインナップ

娘はもともとは、非常に活発で友だちも多く、充実した小学校から中学校生活を送っていました。部活も陸上部に入っており、毎日夕方暗くなるまで練習に打ち込んでいました。現在からは、まったく想像できないような、明るく外交的な子供だったのです。

停電の見張り番 BLACKOUT GUARD(BG-600)|センチュリー(CENTURY)

それが一変したのは、高校に入ってからです。どうもその頃から、いわゆるSNSというインターネットで友だちと会話するアプリケーションが学校で流行りだした模様で、私の子供もそれをやっていました。しかし、そこでひどい誹謗中傷を受けたようで、だんだんと学校にも行かなくなり、三年生になるころには、ほとんど外出しなくなってしまいました。

太陽光発電 導入までの道のり

現在もこの状況は続いてしまっていますが、せめて体を壊さないようにしないといけないと思い、嫌がる娘に「一日に2?3時間は太陽を浴びなきゃだめ!」と、無理やりウォーキングなどに付き合わせ、何とか外出機会を作っています。
これがきっかけで、何とかこの状態を変えていければと、毎日頑張っています。